【エクセルVBA】エクセルマクロを始めた方がよい理由

スポンサーリンク

エクセルマクロとは

エクセルの操作を記録しておき、自動で実行してくれる機能です。エクセルマクロ(以下、マクロと呼びます)を使えば、複雑なエクセル操作でも自動実行できるようになります。

エクセルマクロを勧めるワケ

ルーチンワークが一瞬で終わるので、自由な時間が増える

まずは、なんといってもこれでしょう。手作業のエクセル操作をマクロにおきかえることで、ボタンをクリックするだけで処理が終わります。
例えば、以下のようにエクセルとテキストファイルを行き来するような作業もボタンひとつで完了です。

  1.  エクセルをひらく。
  2.  エクセルの指定セルの日付を次月に書き換える
  3.  エクセルを保存し閉じる
  4.  同じ形式のファイルを100ファイル同様に処理する

今までコピペで使っていた時間はコーヒーブレイクに使ったり、残業が減って早く帰れます。

作業ミス、漏れがなくなる

一度自動化した操作は、自分が編集しない限り同じ動作をします。したがって、操作を何百回、何万回と繰り返してもミスをすることがありません。複雑な操作だと、「次、何をするんだっけ?」と忘れてしまうこともあるかもしれません。しかし、マクロに登録しておけば、そのようなこともありません。

作業の引継ぎが楽になる

自分以外の人へ複雑なエクセル操作の業務を引き継ぐとき、手作業であれば操作を細かく記述した手順書を作成しなければいけません。しかし、マクロを作成してから引き継げは、手順書はとてもシンプル。「(マクロを実行するための)ボタンをクリックする」でOKです。

費用がかからない

マクロを作る準備には、お金はほとんどかかりません。あなたのパソコンにエクセルが入っていればそれだけでOKです!他に買い足すものはありません。高額なプログラミングソフトは不要です。また、エクセル自体がデータベースにもなるので、大規模なデータをあつかうのでなければ、データベースソフトを購入する必要もありません。

投資0で効率化できれば、うれしいですね。費用対効果が大きい改善ができる事を会社へ十分アピールすることができます。

また、「高価なツールを買ってはみたが、効果が無かった…」ということにもならないので、気軽に始められることも魅力です。

エクセルマクロを始めた方がよい理由 まとめ

いかがでしたか?

  • マクロを使えば「作業ミス・漏れ」がなくなる。また、作業時間が大幅に削減されるので「自由な時間」ができます。
  • マクロを始めるのにはエクセルさえあればよく、費用はほぼかかりません。

よいことずくめです。

そんな便利なマクロの使い方をわかりやすく説明していきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました