【エクセルVBA】初回の設定 開発タブを表示する

この記事は1分で読めます

初期設定のエクセルでは、マクロ作成に必要な[開発タブ]が表示されていません。
開発タブを表示してマクロ作成に必要な機能ボタンを表示しましょう。

[開発タブ]の表示方法はエクセルのバージョンにより異なります。
以下の手順で表示してください。

※使用者が多いExcel2010以降の場合のみ画像にて説明します。

バージョン別[開発タブ]表示方法

Exel2010以降

  1. Excelメニューの[ファイル]タブをクリック
  2. [オプション]を選択
  3. [Excelのオプション]画面から[リボンのユーザー設定]を選択
  4. [メインタブ]内の[開発]にチェックをし、[OK]をクリック
  5. これでExcelのメニューに[開発]タブが追加されます。

Exel 2007

  1. 左上のOffice ボタンから [Excel のオプション] を開く
  2. [基本設定] を選択
  3. [開発タブ]をリボンに表示する  にチェックし、[OK] ボタンをクリック

これでエクセルのメニューに [開発] タブが追加されます。

Exel 2003以前

開発タブはありません。設定は不要です。

[ツール]→ [マクロ」で表示される機能が [開発タブ]の代わりになります。

初回の設定 まとめ

  • 初めてマクロを使うときは、まず[開発タブ]を表示しましょう。
  • [開発タブ]にはマクロを作成に必要な機能ボタンが配置される。
  • ただし、Exce2003以前の場合は[開発タブ]ない。かわりにメニューバーの [ツール]→ [マクロ」へ進む。

今後、マクロを作成・確認するときは

  • Excel2007以降:開発タブ→VisualBasic
  • Excel2003以降: [ツール]→[マクロ]→VisualBasicEditor

から行います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。