キングダム実写化が残念と言われる理由は?王騎キャストは意外!

この記事は4分で読めます

こんにちは。
人気漫画のキングダムがついに映画で実写化というニュース!
キングダムといえば、中国の春秋戦国時の話。後の秦の始皇帝と彼を支える仲間たちの姿を描いています。

アメトークでも「キングダム大好き芸人」でも取り上げられ、ファンも多い。
アニメはすでに第2シリーズまで放送されており、第3シリーズの放送を待っているファンも多いのではないでしょうか?

そんな人気のキングダムだが、実写化を残念に思う声もあります。

ニュースでは、キャストと監督の情報ぐらいしかなかったのに何でこんなに残念がられるのかわからない!
気になるので調べてみました。

キングダムの実写化が残念な理由って何?

調べてみると
・キャストにたいして残念
・監督に対して残念
・世界観が出なさそうで残念

というようなネガティブな意見がありました。
それぞれ本当なのか見ていこうと思います。

残念な理由1:キャストが残念

キャストが残念ってなんなんでしょうかね?人気の俳優さんがおおいんですけどね。
具体的に見ていきましょう。

ちなみに、理想のキャストについて考えた記事もあるのでよんでみてくださいね!

関連記事:キングダム実写化の理想のキャストは誰?信・王騎・成蟜など考えてみた!

主演が山崎賢人で残念

主人公の信は山崎賢人さんが演じます。

山崎さんと言えば漫画の実写映画で主人公を16演じています。多い!

ORANGEなどの少女漫画が原作が多いですが、少年漫画もあります。

ジョジョの奇妙な冒険の東方仗助役が記憶に残っています。

実写化といえば山崎というキャスティングにたいして、「またなの?」という声が非常に多いのです。
これがその証拠!これは、残念だ!

確かに私も「またか」と思いました。

自分が好きな漫画がよく実写化されるという人にとって、同じ配役が続くとちょっとつまらないも知れないですね。
しかし、本人は「死ぬ気でやった」と言っているので、新しい一面が見られることを期待したいと思います、

その他のキャストはおおむね好評

配役が発表された直後は、イメージと違うという声が多かったですが映像をみてキャスティングいいね!となる人も多いようです。
名前だけみるのと実際の役の姿をみるのはやはり違いますね。

特に王騎役が大沢たかおなのですが、最初はえっ!?とおもったのですが、写真をみるとその意外さに笑ってしまう人多し。
王騎といえば、「ココココ」の笑い声ですが、本当にやるんでしょうか?気になります。

楊端和(よう たんわ) 長澤まさみ

嬴政(えい せい) 吉沢亮
美青年っていう設定なのですっきりときれいな顔の吉沢さんは合っていますね。

成蟜(せいきょう) 本田奏多
何て悪い顔!意地悪さがにじみ出てますよ。

キングダム実写の成蟜…あの丸顔のブスをとても良い具合に美化しててめちゃめちゃ好き………本郷奏多君、ありがとう………だいすき………

王騎のキャストは笑ってしまう

王騎(おう き) 大沢たかお
他のキャストにくらべるとなぜか笑ってしまう人多し。意外性が注目されているようです。

↓ひげの無理矢理感(笑)。そこはそんなに力入れなくても!

良い意見

映画版キングダム、王騎役が難しいだろうから期待してなかったけど、大沢たかおのお陰で急に興味出てきた笑 続報見て、考えよ。

大沢たかおの王騎何回見ても笑ってしまうwwww

 

余談ですが、王騎役に平成ノブシコブシの吉村さんを推す声が多い!

そっくりすぎ!でもこれが出てきたらコメディーになっちゃうだろ。

残念な理由2:監督が残念

佐藤伸介監督は実写化を多く手掛けています。いずれも興行収入は30億円越えで成功を収めています。人気の監督といってもよいのになぜ残念なのでしょうか?

監督の演出を受け入れることができなかったから残念

実写化では特にBLEACHに対して厳しい意見がありました。
監督が原作と違う演出をするのが受け入れられないというものです。

監督、佐藤信介ってのが嫌。BLEACHが好きで映画見たのだが、漫画と全く違う演出していてBLEACHを汚された気がした。

佐藤信介という監督、高予算映画をよく撮ってはコケているが、全く良さがわからない。
若手大根イケメン多用、アクションシーン長すぎて飽きる、ストーリーそっちのけ、映像も特徴無し。しかも赤字。
なんでこの監督にオファーが来るのか本当に謎。

まあ、人の感じ方なんてそれぞれです。長年のファンほど実写化されたものと、自分の中のイメージにギャップができるため、実写化はいやだなぁと感じてしまうのかもしれません。

監督を評価する意見が多い

一部のファンで受け入れられない声がありましたが、良い意見がおおいように思いました。

残念な理由3:世界観が台無しになりそう

キングダムの総製作費は10億円以上。日本映画としては最大級です。しかし、海外と比較するとそれほどでもありません。
三国志の赤壁の戦いを実写化した映画レッドクリフはなんと100億円といわれています。
それゆえ、壮大な世界観を描くには予算不足では?といわれています。

同じ方法でやるならば予算はたりないでしょうね。

レッドクリフのように2000隻の船団をつかったりするのは難しそうですね。
また、レッドクリフでは撮影に軍兵士を1000人使っています。なんとこの兵士は現役の中国軍兵士なんですよ!こんな事ができるのは中国ならではなのでしょうね。日本で自衛隊1000人とか絶対無理ですよね。

世界観をうまく作るのことは監督の手腕に期待

しかし、世界観っていうのは戦闘シーンだけで作られるものではありません。登場人物の心理描写やその他のシーンで表現できるものも多いはず。そこは監督の腕に大いに期待したいです

まとめ

・キャストは山崎賢人の実写化にあきているので残念に思うが、他のキャストは好評

・監督の演出が受け入れられない人も一定数いるが、演出を期待する声も多い

・予算が少ないから世界観を作りだせないとは限らない。そこは監督の手腕に期待!

なので、良い意見もおおかったので残念な映画なんてことはないと思います。

おすすめコンテンツ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。