ライブ当日中止!沢田研二の性格はファン容認?性格が原因で過去のライブでもトラブル

この記事は4分で読めます


こんにちは。

歌手の沢田研二さんがさいたまスーパーアリーナでのツアーライブをドタキャンしたことが話題になっています。

キャンセルの理由が会場への客入りが少なかったからということでかなり批判があり、話題になっています。

それを聞いて、
こんな行動をとるなんて、いったいどんな性格なんだ?もしかして過去にも何かやらかしているんじゃないの?
と気になったので過去のトラブルについてしらべてみました。

沢田研二のデビューから今まで

沢田研二さんはグループサウンズのザ・タイガースのメンバーとしてデビュー。愛称はジュリー。

ちなみにグループサウンズとは今でいうロックバンド。1960代に結成されたボーカル+ギター、ベースでなる音楽グループの総称です。

沢田さんはボーカルだった事もあり大人気人気でした。
バンドでボーカルが人気なのは、今も昔も変わらないですね。

ザ・タイガース解散後は別グループPYGで活動。
その後はソロ活動になります。

毎年ライブを欠かさず開催しています。今年で70歳なのにすごいですね。
今回のコンサートは単発ではなくツアー。2018年7月~2019年1月上旬までなのですが3日に一回はコンサートというスケジュールです。移動日も考慮するとこの期間はほぼずーっとコンサート。忙しいです。

沢田研二のコンサートでのトラブルは?

コンサート中にブチギレて、客に暴言を吐いたとネットで話題になった。問題のコンサートは、1月8日から開始した全国ツアー『昭和90年のVOICE∞』の最終日。開演から2時間あまり、沢田が
MCをはじめ「イスラム国」について自説を語っていると、客席から「歌って~」の声。沢田はこれに激怒。「嫌なら帰れ!」と罵り、会場を凍り付かせた

びっくりですね。ファンは歌う姿を見に来ているのに、それをお願いしただけなのにぶちギレなんて。
ライブに関係のないイスラム国の話をされても…。
興味ないでしょう。

この他にもあります。

双眼鏡禁止

双眼鏡を使っただけで期限が悪くなるんだとか。

顔じゃなく下半身を見ているように感じて、気持ち悪いんだとか。

ジュリーの顔をよくみたい!と思っているファンがかわいそうですね。

原発署名トラブル

2004年のコンサートでファンに原発反対の署名活動を行ったのですが、会場との契約に反しているとしてしてコンサートが中止となりました。署名活動だからだめというわけではなく、コンサート用途で契約したにも関わらず署名を行ったことがよくなかったといわれています。

歌を聞きにきたのにこんなことされたら嫌ですね。大事な話かもしれないのですが、それは別の場所にしてもらいたいって思います。
好きな歌を聞いて趣味の世界に浸りたいのに、それと関係ない難しい話をされてもテンションが下がります。

熱烈なファンへのひどい言葉

こんなひどいこともいっているそうです、

「いつもいつも同じ人たちの前で歌う身にもなってほしい」
「チケットを取るために徹夜するほどの気力があるなら、少しは他のことに向けたらどうなんだ」

あなたのために頑張っている人たちにその言葉はないんじゃないの?と思います。徹夜でチケットを取っているような人がいるおかげで席がうまっているわですが。もしかしたらファンの体を気遣っているんですかね?

おんなじ人ばっかりで飽きてしまう気持ちも少しは分かる気がします。仕事というより家族に向かって歌っているような感じになるかもしれません。もっとたくさんの人に自分のメッセージを伝えたいのでしょうね。

沢田研二はどんな性格?

現役歌手へのこだわりがとても強い

過去の人気歌手と思われるのを嫌います。

現在彼は「現役の歌手」にこだわり、「懐メロ歌手扱い」や「不特定多数の目に晒されるテレビ出演」を拒み、懐メロ依頼のテレビ出演は断っています。
紅白も高額なギャラで出演依頼が来ているようですが、往年の名曲を歌うことのオファーのため、辞退しています。
夜のヒットスタジオも、自身の出演シーンの版権を全て買い取ってしまったため、夜ヒットの再放送やテレビで、彼の映像が全く流れない時期がありました。
70年代のヒット曲を集めたCDアルバムにも、曲を提供していないことが多いです。

徹底していますね。こんなことをしなければ、もっと儲けることもできますがそういう問題じゃないのでしょう。

政治がからむ時事問題へ非常に興味が強い

沢田さんは若いころから時事問題に非常に興味を持っています。特に憲法9条、原発廃止への関心が強い。かつ売れることよりも、自分の信念をどうやったら伝えていけるか?と真剣に考えています。そのためコンサートで原発署名をファンに依頼したり、憲法9条ソングを作ったりと普通の歌手と比べると行き過ぎた行動につながってしまうようです

「9条も含めて、売れている頃は、そういうことは考えないようにしていました。考えて何かしようとしても、きっと周囲が止めると分かっていたから。でも、こんな年齢になったから、ちゃんと言っていかないと恥ずかしいよね。集会やデモの先頭に立って、ではないけど。だって自分に無理のない方法でやらないとしんどいでしょう」

沢田研二のファンは容認・世間の声は批判

そんなこだわりが強い沢田さんの性格をよく知っているファンは、コンサートをドタキャンされても受け入れてくれるようです。
ファンってのはありがたいですね。やっぱり大切にした方がよいと思うのですが。

沢田研二を擁護する声

音楽業界関係者やジュリー人気絶頂期を知ってる世代の人らは、概ね擁護的やけど、沢田研二をよく知らない若い連中は、ネットで得た適当な情報や、ジュリーの発言の言葉尻だけとって「老害」「こいつ」「スター失格」「歌手を辞めろ」とか、醜いジュリー叩きのオンパレード。ほんと悔しくて仕方がない

沢田研二騒動の件は普段ジュリーを聴きに行かない人が文句を言っているのが問題なのであって、そう言う人なんだよ昔から、って言う理解が何故なされないのか。ある意味ファンは納得してるんじゃないのか?芸能ってそんなもんでしょ?アイデンティティを無くしたらおしまいでしょ?

中には、何か訳ありでわざと中止にして自分が悪者になったと深読みする人も…。
今までの俺様ぶりをみるとそうはおもえないのですが。

沢田研二さんの件 多分 沢田研二さんはああいうしかなかったのだろうと思う 自身を悪者にしていろんな人やものを守られたのだと 私の推測だから 違うかもしれないけど…でもそんか気がするよ。

沢田研二を批判する声

沢田研二さんのドタキャン騒動 「僕にも意地がある」 って… 気づいてますか?そういうのを老害と言うんですよ。 世の中アーティストを目指して数人のお客さんの為に、必死に歌う人もいるんだよ! 七千人も集めておいてドタキャンなんて、プライドの在り方を間違えてる!!

私からしたら若い頃の沢田研二を知らないからドタキャンした最低な人って印象 7000の人に失礼だろ、見栄をはりすぎだし、あれなら小さい会場ですれば良かっただけ また代替したいって言うのも、言う権利ないよ、また集まらなかったらドタキャンすると思う

遠くまで出かけて行ったコンサートを客の入りが少ないからキャンセルだなんて、普通批判するでしょう。交通費、宿泊費を返してほしいですよね。

まとめ

・沢田研二は憲法9条や反原発への情熱がすごいため、ファンに対しても行き過ぎる行動をすることがある。
・しかし、ファンは受け入れている人も多い。

ジュリーのファンって本当に心が広い。そんなことをしても許してもらえるなんてジュリーがうらやましいと思う芸能人もおおいでしょうね。

おすすめコンテンツ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。