日産カルロスゴーン解任のクーデター(陰謀)とは誰が何のために起こした?

こんにちは。

日産自動車のカルロスゴーン会長がついに逮捕されました。
自分の報酬を少なく申告していたことで逮捕です。

しかし、この逮捕が仕組まれた陰謀、クーデターではないか?といわれているのです!
特に、ゴーンがCEOを務めるルノーがあるフランスでは「日本人による陰謀!クーデター!」といわれているそう。

しかし、ネットの記事をみても「クーデター」の内容があまりなくて。
何のためのクーデターか詳しく知りたいんだけど…。

ゴーンを追い出すことで誰がどう得をするの?さっぱりわからない…。

気になったので調べてみました。

クーデターの首謀者は

首謀者は日産自動車のCEO兼社長の西川廣人氏です。
ちなみに、本人は「クーデターではない」と否定しています。

クーデターを起こした理由

西川社長は何のためにクーデターを起こしたのでしょう?
ゴーンを急いでやめさせなければいけない理由があったのでしょうか?

ルノーが日産を吸収しようとするのを防ぐため

ルノーは昔、業績不振の日産に8000億円巨額の資金を提供しており、現在では日産の大株主です。
大株主なのでもちろん日産の経営に口出しをしてきます。

この口出しをやめさせるためには、逆に日産がルノーの株をもっと買わなければいけません。

でも、日産がルノーの株をもっとたくさん買うためには、日産の取締役会議で可決されなければいけないのです。

現在の取締役の割合は ルノー(ゴーン)派5名、西川派4名。
可決するには西川派の数が足りません。西川派が過半数で可決するためにはルノー派であるゴーン氏とケリー氏を辞めさせる必要があったのです。


関連記事
■カルロス・ゴーン(日産)の報酬過少申告はなぜ悪い?何をどこに申告でどんな罪になる?
■ゴーンの私的流用のお金は何にいくら使った?家族旅行や姉孝行!金に汚い性格が有名

フランスがルノーを通して日産へ口出しするのを防ぐため

しかし、なぜそんなにルノーの口出しを急に嫌がるようになったんですかね?
それはフランス政府がからんでいます。

フランス政府はもともとルノーの大株主で、ルノーへの発言権は大きい。
しかし、今後はさらに発言権が大きくなりそうなのです。

フランスで、株を2年以上持っている人の発言権を大きくする法律が可決されました。
このままでは、フランス政府はルノーにたいして発言力が大きくなり、その結果日産もその影響を受けることに。

フランス政府が具体的にどんなことをいっているかというと
「ルノーは日産と不可逆的な関係を築くこと」≒合併してよ ってことです。

ルノーは過去、日産が業績不振のころ莫大な資金提供で助けてくれましたが、今は逆。
ルノーは日産なしではやっていけません。フランスは自国のルノーを助けるために日産と合併させたいと考えているのです。

日産からしたらそんなお荷物の面倒、ごめんだよっておもうんじゃないかな?

だから、どうしてもクーデターでルノー(ゴーン)派取締役をやめさせる必要があったらしい。

フランス人役員などの無駄遣いの不満が西川社長にくると思った(とばっちり回避)

ゴーンをはじめとする一部の社員たちの無駄遣いは社内でも知る人が多く、不満がたまっていたようです。

開発現場に必要な投資はそっちのけで贅沢に金を使うルノー派の高給取りたち。
そんな姿をみる社員の不満は会社のトップである西川氏に向かってくる。だから辞めさせたいと判断したのも理由の一つ。

まとめ

・クーデターをおこしたのは社長兼CEOの西川廣人
・ルノーが合併を仕掛けられないようにルノーの株を買増す必要があり、それを可決するためにルノー派のゴーンを辞めさせる必要があった。
・フランス政府はルノーの大株主でもルノーが日産と合併を進めるようにと考えていた。

フランス政府、ちょっとひどいなって思った。日産をまきこまないでー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました