沖田臥竜ってどんな作家?あおり運転男の先輩っていうのが気になる

沖田臥竜さんが、あおり運転の容疑者が自分の後輩という発言をしています。

こんな危険な容疑者を後輩と公言できるなんて、なんかスゴい人だな‥と気になったのでどんなひとか調べてみました。

元山口組二次団体の最高幹部

らしいです。上半身は刺青がびっしりとはいっており、迫力があります。

しかし、組が解散すると同時に足をあらっています。

前科持ちである

なんと、前科8犯。12年刑務所に入っていたそうです。初犯は傷害致死で、組員となった21歳のときです。

あおり運転男佐藤竜彦との関係

組にいたときは、佐藤容疑者とは先輩後輩の仲でした。

佐藤容疑者が刑務所に入ったときもお見舞いにいったこともあるほど。

佐藤容疑者が堅気ではなかったことがわかりますね。

沖田さんによると、佐藤容疑者は車場荒らしをしたりするのも好きだったという情報も。

佐藤容疑者があおりエアガンをしたときに乗っていた車が盗難車だったというのも納得がいきます。

沖田臥竜さんの作品

山口組の内情などに関する出版が多いですね。

小説もかかれています。元ヤクザの死刑囚が、死の宣告をうけてからの大切な人との絆や、闇社会についてもりあるにかかれているそうです。

興味をそそられる一冊ですね。

おわりに

SNSで、容疑者のことを呟いてるとしったときは、報復とか大丈夫かな?と思ったのてすが全然大丈夫ということがわかって安心しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました