仮面ライダージオウ最終回!ゲイツの死・ツクヨミの裏切り・王になれないソウゴ

今日は仮面ライダー事項の最終回。初回を見た時は、「王様になる」とかいっていたソウゴを見て、やばい奴がでてきたな…と思ったのが懐かしいです。

今日は本当に見どころがありすぎて興奮しました!ちょっと悲しくもあり、うれしくもある不思議な最終回でしたね。

それでは、今日の見どころを見ていきましょう。

あらすじ(公式HPより)

ツクヨミ(大幡しえり)は仮面ライダーツクヨミに変身。が、ライダーツクヨミは時を止め、ソウゴ(奥野壮)らの動きも止めると、兄スウォルツ(兼崎健太郎)への服従を誓う。
 ツクヨミの“裏切り”によって士(井上正大)の作戦も崩壊。ソウゴらは世界の崩壊を少しでも食い止めるため、それぞれがライダーに変身。次々と現れる過去のライダーの敵と戦う。そして、その戦いにディエンドも合流して…。
 順一郎(生瀬勝久)と二人だけの朝食をとったソウゴは、順一郎から修理されたライドウォッチを渡される。ソウゴの思いを汲んだ順一郎が密かに修理していたらしい。そんな順一郎の思いに背中を押されるように、ソウゴはゲイツ(押田岳)らがいる戦場へと向かう。
 劣勢を強いられるライダーたちの戦いにソウゴが合流。グランドジオウに変身し、レジェンドライダーたちも戦いに参入させ形勢を逆転する。しかし、敵のパワーと数に圧倒されるジオウ。ついには変身を解除、アナザーディケイドはソウゴに強烈な一撃を放った。
 が、ソウゴを守ろうと割って入った仮面ライダーゲイツが攻撃をまともに浴びて変身を解除。ゲイツはソウゴの腕の中で「お前なら最高最善の魔王になる」という言葉を残し息絶える。
 深い悲しみと怒りとともに立ち上がったソウゴはオーマジオウドライバーを装着し、ついにオーマジオウへと変身する。
「祝え!時空を超え、過去と未来をしめす究極の時の王者、その名もオーマジオウ!歴史の最終章へたどり着いた瞬間である!」
 アナザーディケイドは「この時を待っていた」とオーマジオウの力を吸収しようとするが、あまりに強大な力を受け止めきれずにオーバーヒート。逆にオーマジオウが繰り出す全ライダーの力に圧倒される。
 傷だらけになりながらも自分たちの世界へ逃げようとするアナザーディケイドだったが、ライダーツクヨミが攻撃。ツクヨミはスウォルツに従うふりをしていただけだった。ライダーツクヨミはアナザーディケイドの反撃を受けるが、オーマジオウがアナザーディケイドにライダーキック。スウォルツはツクヨミとともに消えていく。
 最強の王の力を手に入れたソウゴだったが、ゲイツやツクヨミがいない世界で王になっても意味がない、と新たな歴史を作り直す。オーマジオウによって作り直される時空、その様子を士と大樹(戸谷公人)が見つめていた。
 2018年、高校生ソウゴの新学期が始まった。そこには同じ学校に通うゲイツ、ツクヨミ、さらにはウール(板垣李光人)オーラ(紺野彩夏)の姿も。仲良く笑いながら学校へ駆け込む5人を見ながら、ウォズ(渡邊圭祐)は書かれている歴史が意味を持たなくなったと「逢魔降臨暦」を静かに閉じるのだった。

ツクヨミの裏切り

スウォルツを王にするために、なんでもする!と言ってソウゴ達の元を離れていったツクヨミ。最後にはスウォルツを裏切ることは予想できてはいましたが、やっぱり見ていて辛かったです。

ソウゴを見送るおじさん

ソウゴが戦いに行くことを知りつつ、一緒に朝ご飯を食べるおじさん。

「最期の晩餐とか思っていないよね?」「みんなに晩御飯のリクエスト聞いておいて!」のセリフに、静かな笑顔でうなずくソウゴ。おじさんも辛いけど、よく送り出したなぁと。

そして、はじめはこんなの直せない!といていたライドウォッチなのに、このセリフ↓ ↓ ライドウォッチをソウゴに手渡す。

おじさんの自分にできる精いっぱいの応援、感動した。

ゲイツの死

ゲイツがソウゴをかばって、死んでしまった。ソウゴ、スウォルツの攻撃で動けなかったはずなのに、ゲイツが瀕死になったとたんいてもたってもいられなくてゲイツの元へ。

さすがにこのシーンは泣きそうになった。これまで、ゲイツがソウゴと今の信頼関係を気づくのに、何度も葛藤を経てきているのを知っているだけに。

ジオウがオーマジオウに

ゲイツが死んでしまったことで、怒りが爆発。そのエネルギーでソウゴのベルトが変化し、ついにオーマジオウに変身。雰囲気もいつもと違う…。

ウォズに対して命令口調。オーマジオウに変身したことを自ら「祝え!」とウォズに命令。

スウォルツVSジオウ

オーマジオウつよい!オーマジオウの力が強すぎてスウォルツが大ダメージ。「お前ごときに私の力が受け止められると思ったのか(うろおぼえ)」かっこいー。でも、ゲイツを失った悲しみでこんな風になっているんだから悲しい。

スウォルツVSツクヨミ

オーマジオウの攻撃で大ダメージを受けたスウォルツ。しかし、ジオウから受け取った力でパワーアップ。ジオウとの戦いを放棄して、自身の世界へ逃げようとしたところを背後から仮面ライダーツクヨミに一突き!

しかし、まだ倒すことはできず、スウォルツは逆にツクヨミを撃破。これでソウゴの怒りはMAX!

しかし、スウォルツはよくツクヨミを信じましたね。利用しようと思っていただけだったんでしょうけど…。妹ってことで少し油断しましたかね?オーラが自分を裏切ったときは最初からわかっていたと言っていたので、ツクヨミが寝返ることを予想していてもおかしくはないと思ったのですが。

ソウゴの選択は「王になれなくてもいい」

ソウゴはオーマジオウとなり、最高最善の王なれるところまで来ています。このまま時が進んでいけば、間違いなく王となれたでしょう。しかし、ソウゴはそうしませんでした。

今ある世界をいったん壊して、作り直す道を選択します。

ソウゴと未来のオーマジオウ(人間の姿)が対面。ソウゴが「(オーマジオウとなった自分は世界を)破壊することしかできないの?」と聞きます。これに対して未来のオーマジオウはいったん破壊の後、創造することが可能と伝えます。ただし、王になることはできないと。

それでもソウゴは破壊→創造の道を選択します。王の夢よりもゲイツ、ツクヨミたちと一緒にいられる世界の創造の方を選んだのです。

その選択をしたから、未来のオーマジオウは消えてしまったのかな?

「あの二人(ゲイツ・ツクヨミ)のいない世界で王になってもしかたない。」

というセリフにジーンときました。

王になる夢よりも大事なものを選んだんですね。

みんな一緒!

ソウゴが破壊し、作り直した世界の日常が描かれます。時は2018年。一年前に戻っています。場面は、1話と同じでソウゴが進路希望で王様になるといったことを同級生からからかわれるシーン。

同じ場面か…と思いきや、1話で話しかけてきた柔道部?の生徒がゲイツになっている!その後ろからツクヨミが登場。

さらに後ろにはオーラとウールが学生姿!オーラがソウゴの事を「王様先輩」と呼んでいたのがクスッとしました。オーラは「悪い知らせがあるの」というセリフがあいかわらずだなーって感じ。

遅刻しそうなことに気づいた5人が校舎へ猛ダッシュ!ツクヨミとオーラが手をつないで走っている!みんな一緒でよかったね…。

あれ?ウォズは一緒じゃない?

って思ったら、ウォズがいない。先生にでもなって登場するのかなぁと思ったが、相変わらず預言書開いてあの衣装来ているじゃないか…。なんで…ウォズも仲間なのに。入れてあげてよ。死ななかったからなの?記憶もそのまんま。

最後に

最初見た時は、ちょっとダサいかも…と思ったジオウのマスクですがずっと見ていくとだんだんかっこよく見えてくるのは不思議なものです。

初めて最後まで見た仮面ライダーシリーズだったので、レジェンドライダーの事が良くわからなかったですが、それでも楽しめた作品でした。映画も見に行きたいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました