【ビックリマン】ヘッドロココのシールの逆扇とは?価格が10倍違ってくる

1980年代にこどもの間で大人気だったビックリマンチョコ。おまけのシールが人気すぎてお店に入荷されるとすぐに売り切れ。友人にお菓子とか駄菓子を売っている家の子がいたので連絡をもらって買っていました。

シールの中で、キラキラ仕様のヘッドシールはプレミア感があり、出るととてもうれしかったです。そのヘッドの中でも人気のあったヘッドロココのシール。

そのヘッドロココのシールについて逆扇という言葉を見かけたので調べてみました。

ヘッドロココとは?

これですね。神帝たちを率いて新しい世界である次界を目指して旅をする若きリーダー。見た目がイケメンで超まじめな性格。聖フェニックスというヘッドがパワーアップしたヘッドの天使です。ヘッドロココのシールはいくつかありますが、初期版で言うと、ホログラムではない足を広げて盾と剣を持って立っている姿のシールです。

ヘッドロココの逆扇とは

逆扇とはヘッドロココのバックのキラキラ扇型の模様が、通常の模様とは上下逆になっているものです。

シールを印刷するときに、シートを逆にセットしたために扇型が逆になっているのだそう。エラー印刷です。

これが逆扇の模様赤で囲った部分を見てください。扇の丸い部分が下向きになっているような模様です。

通常仕様はこんな感じ。扇の形の丸い部分が上にあります。

ちなみに、ヘッドロココだけではなく他のヘッドでも逆扇はあります。

ヘッドロココと逆扇の価格は?

価格を調べたところ、数万円からです。状態の良い物だと10万円以上の値が付くことも

まんだらけのオークションでは15万円から開始、ヤフオクの出品は13万円となっていました。ちなみにヘッドロココの通常仕様の価格は数千円。つまり、逆扇だと10倍くらい値段が跳ね上がるのです。

まとめ

ヘッドロココの逆扇プリントは、シールの状態にもよるが数万~10万円。通常仕様のものと比較すると10倍くらい取引価格が違う。

驚きです。こんなものがあるとは知りませんでした。あの頃集めたシール、とっとけばよかったと思っている大人がいっぱいいるんだろうなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました