新年号「令和」に便乗した記念商品・オークション!何に使うの?ってものもある

この記事は2分で読めます

こんにちは。
4月1日に新年号が発表されましたね。

新年号は「令和」。
最初聞いたときは、しっくりこない感じでしたが
平成よりもかっこいいのでは?と周りの意見も多いので、すっかり流されています。

令和になった記念になんかいいものないかなぁと探していると、
え、それ必要?とか、
そんな風に便乗するのかぁと関心させられる商品も見かけます。

調べてみて、ちょっと気になった商品やオークションについてまとめてみました。

それ、何に使うんだろう…

記念なので、実用的でなくてもいいと思うんですが、
やっぱりいつ使うんだろう?と考えてしまいます。

はんこ

平成を訂正するゴム印ならわかるんですが、
令和と書かれている印鑑って、いつ使うんですかね。本当に記念品としてのみですね。
イラストが入っていてかわいらしいですね。

スリッパ

記念にスリッパってあまり聞かないのですがどうなんですか?

もらったからにははきたいのですが、何年後かに家で使っている姿を想像すると、
なんかちょっと笑えます。
うかれちゃったな~!って。

なんでスリッパにその文字入れた?となってしまいます。
外国人が来ている漢字Tシャツに通じるものがあります。

そう来るか!去る平成って意味での便乗

平成即位30年硬貨

今上(平成)天皇の即位30年硬貨もオークションに。
即位30年って、つい最近買ったはずなのに、
即売るタイミングがやってきました。

確かに、平成最後となると今が売り時なのかも。

31年硬貨

平成31年度の硬化ってどのくらい出回っているんですかね?
試しに、自分の財布の中を見てみましたが1枚も見つかりませんでした。

普通には流通していないのかな?
造幣局から31年度硬貨が数限定で申し込めたようですが、人気のため現在は受付終了。
このセット本来の価格は2000円。

なのに、ヤフオクでは15000円近くで売られていました。
びっくり。

有名なあの商品まで便乗!

人生ゲーム

これは知りませんでした。
そういえば昔、平成版もありましたよね。

令和版は職業なし、ゴールなしなんですって。
勝つ条件は、お金ではなくフォロワーを多く獲得した人なんだとか。

このカード見てくださいよ。
トランプ大統領とか、渡辺直美さんとかイメージしていますよね。
楽しそう。

コカ・コーラ

こちらは売り物ではないのですが、
2000本が東京の新橋駅前で無料配布されたそうですね。
良い宣伝になります。

年号発表の1時間半後には配布ってのに驚き。
仕事が早すぎ。

その他

号外新聞

ヤフオクを調べてみるとすでに大量に出品されていました。
中には1万円で売り出すつわものも。

そして、何枚も出品する人も。どうやっててにいれたの?

ドメイン

サーバ等の住所を表すドメイン。
reiwaとつくドメインが高値で売り出されています。

因みに、新年号発表前にも一攫千金をねらって予想した年号のドメインを買い占める人が
沢山いたようですが、おそらくreiwaドメインを予想できた人はいないでしょうね。
買ったドメイン、無駄になりましたね…。
でも、それもいい思い出。

まとめ

スゴイですね。
こんな風に稼ぐ方法があるなんて。
見習いたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。