台風24号チャーミーの由来・名前の付け方が知りたい!他の台風の名前も面白い!

この記事は2分で読めます

こんにちは。

今回の台風24号は大型の強い台風ってことで各地で浸水の被害が出ており大変なことになっていますね。

もしもの時のために、台風が来る前に食料や飲料水を買いにスーパーにいってみると普段よりごった返していました。考えることはみんな同じですね。

週末の予定がダメになった方も沢山いるのではないでしょうか。

私は週末に予定していたバーベキューが中止になり、友人から「チャーミーさんくるから中止にします。」と連絡がありました。

今回の台風は「チャーミー」というんですね。

人の名前かな?と思ったのですがどうなのでしょう。

由来が気になっている方が多いと思いますので、調査してみました。

台風24号チャーミーはいつ・誰が名前を付けたのか?

そもそも、チャーミーの由来を調べる前に、台風の名前はいつ・誰がつけるのかを確認しましょう。

どこの国の言葉なのかということにもつながってきますので。

台風の名前は台風委員会なるものが決めています。名前はすでに用意されている140の名前を繰り返して使います。

1番目から順番に使っていき、140番目までいったら再度1番に戻るということです。

台風委員会は14の国が所属しており、13がアジア圏、1つがアメリカ。ちなみに、北朝鮮も所属しています。こういうところでは協力するのですね。

140の台風名はそれぞれの国が10個づつ出し合っています。

ただし、例外があります。とてつもない被害をもたらした台風の名前はその後は使われないようになります。殿堂入りや永久欠番みたいなものですね。

名前が決まるタイミングは台風が発生してからですが、チャーミーを今後台風の名前に使うと決めたのは2000年。この年から、アジアの言語で名付けられることになったのです。

台風が発生してから決めているわけではありません。

台風24号チャーミーの由来は?人名ではない。

チャーミーは台風委員会の一国であるベトナムが提案した名前です。140のうち、28番目の台風名です。

「Tra mi」と書き、意味は「椿の花」

てっきり、女の人のなまえだと思っていました。今回調べるまで女性の名前がつくものだと思っていたので…。

写真は大輪の椿「Tra mi」の花。台風が渦をまいているように見えなくもありません。

花の名前を台風の名前にした理由ってなんでしょうか?

台風名に女性の名前をつけるのは

「被害がすくないように」という願いを込めて女性のやさしさにあやかってというのを聞いたことがあります。

それと同じなのかもしれません。

 

チャーミー以外の台風も名前と由来が面白い

ちなみに、日本の命名は全て星座です。星座といってもメジャーな12星座だけではないですよ。

コンパス座、カジキ座、くじら座とか。なんでそれにしたの??とおもうマイナーな星座です。

他の国を見てみると、

中国は、「ウーコン(孫悟空)」、フィリピン「ハグピート(鞭を打つこと)」などあります。

大暴れしそうな強い台風だなぁという名前ですね。この他にも

マカオの「バビンカ(プリン)」やタイの「ブアローイ(お菓子の名前)」など食べ物系もあります。

プリンって…。なんかなごみますね。日本風に言うと「台風XX号プリンが上陸しました。」

不謹慎だけど、こんなのがニュースで流れていたらょっと笑ってしまいそうです。

おなじみの人の名前を採用しているものもありバラエティーに富んでおり面白いです。

まとめ

・台風の名前はアジアの国を中心とする台風委員会が決めている。名前は既に決まっているものから繰り返し使う。

・台風24号チャーミーはベトナム語。意味は「椿の花」

・台風の名前は食べ物・星座・人名などバラエティーに富んでおり面白い。

日本の付けた台風名が星座というのが、ちょっとつまらないです。マカオがプリンを採用したように、度肝を抜く名前を付けてほしかったなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。