1. Interior.ColorプロパティまたはInterior.ColorIndexプロパティに色を設定します。 Interior.Color RGBによる設定 RGBを使ってInterior.Colorプロパティに設定します。 書き方…

  2. 文字を太字、斜体にするには、Fornt.Bold、Font.ItalicをTrueにします。 Font.Bold、Font.Italicで設定 書き方 例 [crayon-5c6adcd4be28c099309108/] 実行結果…

  3. 条件によって処理を変えたいときに使います。 if文 書き方 条件式1が成立する場合、処理1を実行します。 条件式2が成立しない場合、処理2を実行します。 それ以外は処理3を実行します。 elseif、else…

  4. 同じ処理を指定した回数だけor条件が成立する間、繰り返します。 1行目、2行目、100行目…に連番で数字を入力していくマクロを作るのに、 Cellsを100回書くのはとても面倒ですね。また、間違ってかいてしまうかもしれません。 …

  5. セルの高さ、幅を変えたいときは、セルの位置を指定し、セルのプロパティ(RowHeight、ColumnWidth)を設定します。 高さ、幅の設定方法に加えて、セルの位置指定方法とプロパティについても説明します。 行の高さ変更 …

  6. マクロがどんな風に動くか知るために、自動作成したマクロの中身を見てみましょう。 マクロを見ていく前に、マクロを実行する方法をマスターしましょう。 [開発]タブのからVisualBasic  を起動して確認していきます。 Vis…

  7. エクセルには「マクロの記録」という機能があります。 あなたが行ったエクセル操作をマクロに置き換えてくれる便利な機能です。 作られたマクロは再実行が可能です。 簡単な操作なら、自分でマクロを作らなくても、この「マクロの記録」で自動作成が…

  8. 初期設定のエクセルでは、マクロ作成に必要な[開発タブ]が表示されていません。 開発タブを表示してマクロ作成に必要な機能ボタンを表示しましょう。 [開発タブ]の表示方法はエクセルのバージョンにより異なります。 以下の手順で表示してく…

  9. エクセルマクロとは エクセルの操作を記録しておき、自動で実行してくれる機能です。エクセルマクロ(以下、マクロと呼びます)を使えば、複雑なエクセル操作でも自動実行できるようになります。 エクセルマクロを勧めるワケ ルーチンワークが一瞬で…

RETURN TOP