ルパパトVSキュウレンジャーの映画ネタバレ~VSジュウオウジャーがちょこっと?

この記事は3分で読めます


ルパパトの映画を見てきました。
印象に残っているシーンを書いていこうかと思います。

ちなみに、キュウレンジャーは見ていなかったのでルパパトよりの感想です。

印象にのこったシーン

ルパレンメンバーがパトレンに変身
ルパレンはルパンレッドとか、色で呼ぶのに対して
パトレンはパトレン1号とかのように番号で呼びますよね。

初美花が透真の事を呼ぶのに「グリーン?2号」と混乱していており、
おお。そうだよねーと思った。

ルパとパトで変身後のスーツの性能が違うらしいよ。

ルパレンの方は動きやすさ重視。確かにね。快盗だけあって、いろんなものよけたり、逃げたりが重要だもんね。

パトの方は防御力重視

なので、ルパレンメンバーがパトレンジャーに変身した時はスーツの相性がわるくて動きにくいって言っていました。
その設定なんか納得。

ルパレンが誘拐される

魁利たちが並行宇宙のミュージシャンに誘拐される。
ルパレン達は強いのでもちろん誘拐されているふり。

そして、誘拐されたと思ったコグレさん。
国際警察に対して、いくらでもお金は出すのでなんとかしてくださいと。

いつからそんな人になったんだっけ?
心配していてもそれをみせるような人じゃなかったのに、めっちゃいい人になっていた。

パトレンのコスプレ

魁利たちが誘拐されたあと、ジュレに圭一郎たちがあつまって捜査を行う。

その際、ジュレに向かう圭一郎たちは一応変装をして捜査に必要な機器を持ち込みます。

圭一郎は蕎麦屋?今回もメガネをかけている。
圭一郎はコスプレの時に必ずメガネになりますね。変身した感じが出ててよい。

司はニコニコつかさ保険っていう保険のセールスレディー。

咲也は何だっけ?ちょっと覚えていない。

コグレさんとノエルのわざとらしい演技

ジュレに犯人から身代金要求の電話がかかってきます。
その金額15万円。価値の低さに怒る魁利たち。

変声機を使って、魁利が
交渉が下手な誘拐犯に代わって、魁利が電話で身代金を要求。

その内容は
誘拐犯が必要なお金1億円
キュウレンジャーの快盗メンバーが必要なギター
パトレンが持つルパンコレクション(VSチェンジャーなど)

この要求とじゃべり方からコグレさんとノエルは魁利が
誘拐を利用してパトレンからコレクションをいただこうとしていることに気づく。

ノエルはわざとらしく、
人名が大事といってまっさきに自分のビークルを差し出すし、
コグレさんは受け取るわけには、いやでも…とか
最後にカメラに向かって舌をべーって感じで出してたし

スゴイわざとらしい演技が笑えた!
コグレさんがなんだかノリノリなのが見ていて面白かった

ジュウオウジャーメンバーも出演?

巨大化する前のラスボスとの戦い。

ルパパトでもキュウレンジャーでもない人いて、みんなに「誰?」っていわれて
「細かいことはきにするな」っていっていたけどあれはいったい?
戦隊物みるのルパパト初めてなので誰かわからん!

調べてみると

ジュウオウジャーの人なの??門藤操?っぽい?

ジュウオウジャーVSキュウレンジャーの映画は作られなかったんだっけ?
だからここででてきたのかな?

だとしたら、なんかよかったな!と言ってあげたい。
いやよかったし、一人で叫んでいるわけわからん奴って思ってごめん。

ルパンブルーとカジキイエロー

今回、VSXのコックピット内には人がぎゅうぎゅう。
ルパパトメンバーは操縦席に座りましたが、キュウレンジャーメンバーはその周りに立っているという配置。

キュウレンジャーの方はロボ登場しないのね…とちょっとかわいそうだった。

そんな狭いコックピットで
ルパンブルーのお隣に陣取るカジキイエロー。

ルパレン放送しているときから、この二人の声のギャップを気にしている人も多かったんじゃないですかね。

ルパンブルー⇒回が進むにつれて声が低くなる
カジキイエロー⇒だんだん声が高くなる

カジキイエローが隣で叫んでいるのを聞いたルパンブルーが
「声が高い!」と低い声で一喝してた。

でも、二人とも料理人でわかりあえているところもあるのが、
良かった。

工藤遥と元木聖也のダンスの切れが良かった

さすが、元アイドルとおとうさんと一緒のお兄さん。
この二人のキュータマダンシングは他のメンバーと比べて動きの切れが違った。

映画館への不満…

グッズあるかなぁ~と楽しみしていたのに一つもなかった。
何かもらえるかなとか思ったけど何ももらえず。
5月25日(土)にAmazonとかで選考配信するってかいてある…。
じゃあそっちにしておけばよかったわ。

映画館に行く意味がなかったかなぁ。
でっかい画面が迫力あっていいけど、値段を考えるとね…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ルパパト延長の根拠
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。