【彩雲国物語 小説】骸骨を乞う(上)の悠舜が死んだのは劉輝のせい?感想・ネタバレ!

この記事は3分で読めます


彩雲国物語の小説「骸骨を乞う」をよみました。
悠舜メインのお話で感じたことを忘れないように書いておきたいと思います。

劉輝の闇が深い

これはびっくり。ちょっと劉輝が嫌いになりました。

悠舜の体はもうボロボロなんですが、それを見ないふりをするかのように悠舜を働かせる劉輝に
引いた…。

悠舜は体がかなり弱ってきたので、悠舜が次の人事を紙にまとめていたんですけど、
尚書令(宰相だっけ?)を空欄にしておきました。
自分の体がガタガタでいつダメになるかわからんので、他の人を尚書令に(あるいは空席にしようか)
で迷い、記載せずに置いといたんですが、劉輝が勝手に悠舜に断りもなく
「尚書令 鄭悠舜」って書いたのに引いた。

いや、劉輝。それはない。悠舜の事を休ませてあげてよ。
名前書いてないから、ゆっくりしたいんだろうな…って
気をつかってやってよ。

リオウも凜もみんな休んでほしいと思っているのに。

さらに、体がつらいっていっているのに、
「だったら、職場の近くに部屋用意したよ!引っ越しな!
疲れたらすぐやすめるしね!」

ずーっと働けって事じゃん。引いたわ…。
しかも、奥さんと子供も呼んじゃえばいいじゃーんって。

いや、そういうことじゃないし。
仕事の事を忘れて家族水入らずの時間をあげてよ!ってちょっと腹立った。

劉輝は悠舜や家族のことにひどいことをしている事はわかっているとは思います。
それなのに、自分のよりどころとして無理させて働かせているのが
とてもひどいと思った。

悠舜が劉輝に尽くしすぎ

そんなひどいことされた悠舜なのに、結局は死ぬまで劉輝のそばにいてしまう。
尽くしすぎ。

凜がそんなひどい仕打ちをした劉輝に対して怒っているかと思いきや、
悠舜の意志をとっくに受け入れており、悠舜の思うままにさせている凜。
いい女すぎ。

悠舜が死んだ瞬間も接していたのは劉輝。
劉輝が悠舜をはなさなかった。

まあ、悠舜も劉輝に必要とされていたことが生きる糧になっていたので、
仕方ないんだが、
せめて、最期の時くらいは家族3人にしてあげればいいのに。

奥さんとこどものために時間をつかってやってよと思った。


彩雲国物語関連記事:

◆彩八仙の正体は?誰に入っているの?
◆凌晏樹 (りょうあんじゅ)の生い立ち・性格は?旺季への屈折した思い
◆香鈴(こうりん)と杜影月(とえいげつ)のツンデレエピソード!好きなのに

悠舜の元気なふりうそだったのか

紫闇の玉座で、旺季と劉輝が王座を争った時に

「敵をだますには、まず味方からってことで
血のりを常備してまで仮病のふりしてました。」

みたいたことをいっていました。
私、それまんま信じてたよ。
顔が土色のこともあったが、それもなんか塗っていたんかな?と
思ったこともありました。

しかし、本当に体が悪かったんですね。
まんまとだまされていた。というか私の読解力がなかったのかもしれません。

悠舜の体がガタガタなわけ

悠舜は紅家一門の姫家の出身で、この一族は紅家のブレーン。
その一族が戩華の命令で滅ぼされる前に、自ら死ぬことを選んだのですが、
そのうちの一人が自殺のために毒のタバコ?みたいなのをすっていました。
この煙を悠舜もすっていしまったことが後のガタガタな体につながったんでしたっけ?

とっても強力な毒だったので、長い時を経てじわじわと悠舜の体を蝕んでいったんですね。
恐ろしい毒だ。

でも、一番の原因はそんな体なのに劉輝がこき使ったことなんじゃないだろうか?

悠舜が黎深の友達ってことに驚き

悠舜が幼い時、劉輝の父の戩華王に一族を
滅ぼされます。

それを止めるときに紅家に直訴しに行ったんですが、
当主には会えず、代わりに会えたのは黎深。

しかし、黎深からは
「滅ぼされるなら勝手に滅べ」
みたいなひどい言葉。

その後、悠舜は紅家に捕まり超ひどい拷問。
脚の腱も切られちゃって、そのせいで悠舜は杖なしでは過ごせない体になりました。

まあ、黎深は当時子供だったし、直接手をくだしたわけじゃない。
もともとの性格があんなんだから仕方ないかもしれないけど。

後に官吏となって、友達として接していますが
正直、悠舜は黎深の事をどう思って接しているんですかね。

黎深の事に限らず、昔のことは取るに足らないことと思っているみたいなので
あの拷問の事ももう過去の出来事の一つくらいにしか思っていない
のかなと思ったりします。

旺季様の株が上がった

この人の印象が「骸骨を乞う上下巻」を通して一番変わりました。

紅家でひどい目にあっていた悠舜を助けたこと、
悠舜のために、仕事を長期休んで看病したこと

助けられた悠舜が反抗して旺季に当たったりしても広い心で接した事。

歩けない悠舜を抱き上げて、庭の景色を見ていたところとか
本当に素敵な人だと思った。

苦労人なのに。
下巻の旺季編の記事で後で感想を詳しく書こうかと思いますが、

大貴族なのに、虐げられて、それでも負けず立ち止まらず、前に進む姿は
本当に感動。
私の彩雲国好きなキャラランキングTOP5に入るようになりました。

それまでは圏外だったのに。
旺季様かっこいい。

王側近(絳攸・楸瑛・静蘭)が浅はかに見えた

この3人が
悠舜に「(王座を脅かした)旺季を処分した方がいい」っていっていたんですが
読んでいくにつれて側近3人、もっと色々考えて!って思った。

この言葉をいった後、悠舜は3人に対し
「何言ってんだ、おめーら3人を処分しろっていう訴えがわんさか来とるわ。
逆に旺季や晏樹には寛大な処分にしてやってって嘆願書とどいとるわ!
自分のやったこと棚に上げてなんや!」

みたいなことをいわれるのですが、最初その意味がよくわかりませんでした。
というのも、「紫闇の玉座」をよんでから何年もたっていたので忘れていました。


でも、納得。

「紫闇の玉座」もこの後によんでみたのですが、
確かに悠舜の言う通りひどかったわ。
みんな職務放棄してたし。

しかも、旺季の株が上がったこともあり
ますますこの3人、しっかりして!と思った。

できれば、ずっと素敵な側近3人でいてほしかったんだけど。
ちょと残念。

所感

劉輝、王の側近の3人の事、色々悪く言ったけど本当はやっぱり好きなんだけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。