彩雲国物語のアニメ第3期(シリーズ3)が当時作成されなかった理由!今後制作はある?

この記事は3分で読めます


こんにちは。

彩雲国物語のアニメ2期が終了からかなりたちますが、
アニメの3期、やらないかなぁと今でも思っています。

その可能性はあるのか?考えてみました。

彩雲国物語のアニメ第3期はあるか?

原作との兼ね合い、アニメの内容などいろんな方向から考えてみます。

2期の終わり方から考える

2期の最後の方に出てきた謎がのこる登場人物もいるように思います。
小説を読んだ人はもちろんの事、アニメのみ見た人でさえ気になってしまう終わり方で会ったようにも思います。
そんな気になる人や謎にどんなものがあるか書いてみます。

秀麗と劉輝の勝負の結果

改めて2期の最終回を見てみました。

劉輝が「期限を決めるので、秀麗が(結婚から?)逃げきれたら秀麗の勝ち。秀麗がうなずけば余の勝ち。」
秀麗が「受けて立つ。その期限は?」
劉輝「…(秀麗に耳打ちするも音声なし)」

しかも、二人がにこやかにほんわりした雰囲気で。
なんだか、平和に終わって後は視聴者の想像にお任せしますよ~って
感じの終わり方です。

期限は視聴者には聞こえないように音声なしでした。


納得いくかーい!

思わせぶりなこのシーンは次へ続く布石なのでは?と思っていたんですが。

縹瑠花の存在

九塞溝で登場した縹瑠花。

離魂して登場してきたけど、彼女の正体は?なんなの?ってところも
はっきりとしないまま終わっています。

2期では
秀麗の体を乗っ取ろうとしますが、ご神体の鏡を
邵可にわられ退散。
茶州疫病から狙われていた秀麗が、九塞溝でも狙われたが、
事なきを得るって感じで終わっています。

しかし、瑠花は去るときは余裕で笑顔さえ見せていたような…。
これって、あきらめてはいないって映りますよね。

次のシーズンへつなげるための演出でもおかしくはないのですが。

旺季の存在が十分に語られていない

最終回では、
旺季が「(劉輝が)王としてふさわしいかはこれから」といっており、
旺季が玉座を狙っている事が悠舜から劉輝へ伝えられています。
旺季が誰もいない時に玉座の間で一人玉座を眺めるカットもあり、

旺季側と劉輝側の戦いがこれから始まる…と思わせて最終回は終わってしまいます。

これ、絶対3期へのつなぎのためのカットでしょう。

ここまで出しておいてナゼ3期をやらないのか(怒)

個人的には、旺季がちょっと邪魔な大官としか映っていないのが
とても残念です。
王と対立する一大勢力としてこの物語のもう一人の主人公と言っても良いくらいの人なのに
その魅力を出し切っていないのが悔やまれます。
過去に観察御史として地方を回って、コツコツと何かを積み上げていく事で
朝廷での幅を利かすようになったことはわかりましたが、
その後の王座争いにはつながらず。ここは放送しとかないと!と思います。

関連記事:
◆李絳攸が方向音痴・迷子になる理由と過去・生立ち
◆紅秀麗の死亡死因は?何度も死にかけて持ちこたえた理由

1、2期の放送範囲から予想

1、2期はそれぞれ39話でしたが、
1期は1巻「はじまりの風は紅く」、6巻「欠けゆく白銀の砂時計」
2期は「欠けゆく白銀の砂時計」、12巻「白虹は天をめざす」

だいたい6巻で1シーズン39話となっています。
彩雲国物語の原作は全18巻。

なんと、ちょうどきりがいいじゃないですか。

3期放送になるとしたら、絳攸が裁判にかけられる「黎明に琥珀はきらめく」から
旺季・劉輝の直接対決の「紫闇の玉座」になりますね。

秀麗が命を懸けて行った蝗害対策もとても魅力的な内容で是非アニメで見てみたいです。

3期に放送するボリュームとしては申し分ないです。

1期、2期の放送時期から予想

これが、第3期放送の一番のボトルネックだと思います。

1期が放送されたのは2006年。2期が放送されたのは2007年。
1期と2期が間を開けず放送しているので、今から(2019年)放送というのはさすがに厳しいですかね。

ここはひとつ、1期・2期までの内容を復習するために
NHK教育、総合、BSでバンバン再放送をしてもらって第3期放送に備えて
ほしいものです。

彩雲国物語のアニメ第3期の可能性

現実的には厳しいですかね。
2期最終回から時間がたっているってところだけですが。

魅力的なエピソードまだまだまだまだあるのでぜひ3期やってほしい。
悠舜と旺季の関係とか
縹瑠花と羽羽の秘めた思いのエピソードとか。

アニメでは茶州疫病でちょっと出てきた朔旬も、それだけではないんだ!
秀麗が生き延びるためにもっと重要な役割を果たしているのに!と思ってしまう。

そしてなんといっても、劉輝と旺季の一騎打ち。
彩七家を掌握し、劉輝のために駆け付けたシーンをぜひアニメでも見てみたいです。

ちょっと、NHKに意見を送ってみようかな。

彩雲国物語で当時3期放送が放送されなかった理由

2期の最終回は内容的に「白虹は天をめざす」のあたりまででした。

そして、2007年は「白虹は天をめざす」までしか発刊されていませんでした

え、3期やらなかったのって2期終了時点で話がまだできてなかったからなの?
そうなんです。

っていうか、それだけの理由で3期やっていないなら逆にもう少し待ってから1期作り始めてほしかったし、
作ってしまったんなら最期まで責任とってよ(怒怒怒)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。