【彩雲国物語 小説ネタバレ・感想】黄梁の夢~鈴蘭の君の印象が一変する

この記事は3分で読めます

彩雲国物語の小説「黄梁の夢」の”鈴蘭の咲く頃に”を読み終えました。

このお話は、
清苑が後宮での跡目争いの渦中で謀反のぬれぎぬをきせられ、茶州へ流罪になるまでの話。
母・鈴蘭や父・戩華からみた清苑、清苑から見た父母に関するエピソードなども多く描かれています。

忘れないうちに感想をまとめておこうと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

彩雲国物語(黄梁の夢) (角川ビーンズ文庫) [ 雪乃紗衣 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2019/5/13時点)

楽天で購入

 

 

鈴蘭の咲く頃に 心に残ったエピソード

戩華が意外と子供おもい

戩華は敵も味方も気まぐれで殺してしまうような人ってシリーズ全体を通して書いてある。
でも、ちょこちょこ出てくるエピソードとしては優しさを感じるものも多いですね。

今回の話もそうでした。
息子に対する優しさが感じられるエピソードがとても多かった。

無関心に見えるが、戩華は清苑や劉輝の命の危機をちゃんと救っているし、
二人のために厳しい言葉をあえていっているシーンもあった。
なので、(最初の最悪なイメージにくらべると)意外にいい父親なんだなと思った。

劉輝に対しては、おぼれそうなところを救ったことはもちろんだが、
気が弱い劉輝の顔をつまんだりして、劉輝がわざと文句をいうようにしたうえで
「思った事はちゃんと言え。なめられるぞ」と教育しているところとか。

清苑に対しては、彼にかけられた呪詛を代わりに受けてしまうところなんかは、
こどものためとは言えそこまでする人だったんだと驚いた。
しかも、「気まぐれで助けてやったらたまたま命を落とす結果になっただけだ」とかいっていた。
格好よすぎでしょ。
いや、格好つけすぎなのでは。

鬼姫の存在

そして、そんな風に戩華が自分のこどもたちを思いのほか気にかけているのは
先代黒狼の鬼姫のおかげ
だということを初めて知りました。

戩華と鬼姫は幼馴染で唯一愛した女性。その鬼姫から
「こどもが幸せに暮らせる世になってほしい」というような事を過去言われている。

この言葉のおかげで劉輝や清苑らの公子は戩華に助けてもらうことができたようですね。
鬼姫さんありがとう。

戩華って、こんなキレイな妾妃に囲まれているのに
幼馴染で毛色のちがう鬼姫を好きになってずーっと好きでいてしまうところが
劉輝とちょっとかぶるなと思ってしまった。

鈴蘭の君の冷酷さ

これは本当に衝撃でした。
それまでは名前と第六妾妃においだされたか弱い女性だという情報くらいしかなく。
この話を呼んでのギャップにおどろきまくりでした。

第六妾妃殺害し、清苑を殺そうとして、父親に謀反のぬれぎぬをきさせて…。
そんな事をやらかすような人だったとは。

そうした理由が戩華に自分をみてほしかったからというのにまたまた驚き。
戩華を振り向かせる方法が外見や内面を磨く(戩華には効かなさそうだが)というありふれたものではなく
戩華をぎゃふんといわせるような政治的なしかけをこっそり企てていたということに
驚き。
あの旺季でさえその企てをみぬくことができなかった

かよわく美しい女性だとおもったら大間違いだった。
鈴蘭に関する描写って、ほとんどが「清苑とうまくいかない…」「後宮にいるのつらい…」
みたいなことだったんだからだまされてしまった。

鈴蘭は妃としてではなくどんな形でもよいから戩華のそばにいたいとおもっていたようなので、
もし、国試を受けることができれば受けていただろうし、官吏になっていただろうなと思う。
戩華もそうすればよかったと言っていたし。

もしそういう道があったのなら、もしかしたら戩華が鈴蘭になびくこともあったかもしれない
そういう道がなかったから、こんな風に命をかけ、自分の子供も殺してまでして振り向かせることをしようとしたのが
なんだか悲しかった。

清苑の戩華への思い

劉輝って、父親に対してあまり思いが内容なイメージなのですが、
清苑は戩華の事が好きなんだなということがわかりました。

好きっていうか、畏怖や戩華王へのあこがれや、認められたいとい気持ちが強いということは
この話をよんで初めて知りました。

それがもっともあらわれていたのが、
戩華に流罪を言い渡されたとき。

清苑が御史台に捕まった罪は、謀反。
これは最も重い罪の一つで極刑となるはずでしたが、戩華が流罪を言い渡します。
それに対して清苑は「自分を極刑にするべきだ」と言います。殺されちゃうのに。

その心は、戩華の邪魔にならないようにするため。
清苑が特別扱いされることで戩華が政敵から足元をすくわれることがないようにという思いから
言葉でした。

そして、その言葉を聞いた戩華、
「え、清苑に好かれていたの?俺。」みたいな事をいっていたのが意外だった。
でも、たとえその気持ちをしっていたとしても清苑に対する対応は変わらないんでしょうね。

所感

他にも、
現藍家当主(楸瑛の兄)って、戩華の事をそういう風におもっていたのか とか
楸瑛が清苑に仕えたいと思ったきっかけ とか
清苑と鈴蘭の難しい親子関係 とか
楸瑛と迅って昔からあんな風なんだ… とか
本当に読み応えのあるお話だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。