アブラサスの小さい財布、おしゃれでコンパクトでサイコー!長財布を卒業しました

こんにちは。二年くらい前に長財布を辞めて、小さい財布を買いました。これがとても良い物だったので紹介したいと思います!

ご紹介するのはこの財布。アブラサスの小さい財布です。

小さな財布を探したキッカケ

私、以前は長財布を使っていました。長財布を持っているのってなんだか上品な感じがしてあこがれます。面積が大きいので、素敵なデザインが前面に施されているととても迫力があり見ていて楽しいものです。

しかし、そんな素敵な長財布ですが欠点があります…。それが嫌で小さい財布を探すようになりました。

以前の財布(長財布)で困っていた事

スペースをとる

私、できれば小さいカバンで身軽に出かけたいです。そのため、長財布だとほかのものが入らなくなてしまいます。

ちょっとしたメイク道具(最低限のもの)、ハンカチ、ティッシュ、家の鍵、スマホ、途中で買ったペットボトル。これらに加えて長財布となるとカバンがパンパンになります。

パズルのようにどうやったらこれらを詰め込めるのか?と苦労してカバンにつめて、買い物するときにも取り出すのに一苦労です。

長財布の中がちらかる

几帳面な人であれば問題ありませんが、私のようなずぼらの人だとすぐに財布の中が散らかります。

以前使っていたものは、カード入れ、札。小銭入れ(ファスナー)に別れているタイプでした。

最初は綺麗に分けて入れますが、使っているうちにカード、札、小銭のすべてが札入れのところにたまっていくんですよね…。あ、あとレシートも札入れに入れていきます。結果、札入れがぐちゃぐちゃです。

小さい財布で解決!この財布の気に入っている所

こんな風に、財布によるカバン内占拠・財布内の散らかりに困っていましたが小さい財布にしたら解決しましたよ。財布の特徴とともに記載していきますね。

手のひらの半分くらいのサイズ

サイズが6×9cm!このサイズはとても便利。私がいいなぁ~と思う瞬間は、スーパーで支払いをした後です。

支払いをした後って、商品をマイバッグに詰めるために早く移動しなければ…と思ってしまいます。そんな時にこの小さい財布であれば、ポケットにポンと入れればすぐに移動できます。

大きい財布だと、カバンにしまって…とかで焦ってしまうので、とってもいいなと思います。

もちろんこれだけ小さいので、先に述べたカバン内をパズルのように整理することからもおさらばです。

カードが意外に入る

こんなコンパクトなサイズなのに、カードが5枚くらい入ります。

私は、今確認したら中身は5枚でこんな感じ

  • 免許証
  • 保険証
  • クレジットカード×2枚
  • キャッシュカード
  • QUOカード(薄いので1枚には入れない)

私的にはこれだけ入れば十分ですが、ポイントカードとか入らないじゃないの!という方は思い切って、それ用のケースを買った方が便利だと思います。

ちなみに、一度5枚のカードを入れてから、枚数を減らすとスカスカになってしまいカードが抜け落ちてしまいます。なので、5枚いれたら5枚入れ続けなければいけません。

しかし、そこはそんなにデメリットではないと思います。最低限の物を入れるとそれくらいになるし、なければなんらか使いそうなポイントカードを入れておけばよいので。

小銭でパンパンにならない

たまらなくなるというか、ためると財布がパンパンになってしまうので小銭を使うようになります。

支払いで小銭をたくさん出せて、財布の中身を一気に減らすことができた時は、すっきりした~とちょっとした快感も味わえます。

ちなみに、今確認したら硬化が11枚

小銭が出しやすい

以前の長財布は、財布本体のファスナーに加えて、その中に小銭入れにファスナーがついていました。

これがめんどい。小銭入れのファスナーを開けっ放しにしとくと小銭が散らばっていたんですよ。

でも、この財布は本体の開け閉めのみで小銭の取り出しが可能です。

本革のバイカラーデザインが素敵

小さな財布を色々と探しましたが、デザインが気に入るものがなかなか見つかりませんでした。

長財布と同じデザインをベースにしたものだと、面積が小さいのでごちゃごちゃした見た目になる。しかし、一色だけのデザインだとなんだかさみしい。

この財布は、シンプルなのですが二色の切り替えがスタイリッシュでとても素敵です。

おわりに

この財布を使ってから、財布を使うときのイライラが一気になくなりましたよ。財布を買うと、大抵あきるのですが、この財布は支払いの時に見るたびにこんな小さいのに必要十分なものを持つことができて素敵…とよい気分になります。

ステキなデザインでお値打ちな財布なので是非使ってみてください!おすすめです!

タイトルとURLをコピーしました